【締め切りました】『鉄路展』では出展者を募集しています

カテゴリー: 鉄路展からのお知らせ, 2016年の情報 | 記事掲載日: 2016/07/24(日)

openair-p04

募集は締め切りました。
来年の出展に向け、ご興味ご関心をお持ちの方は、会期中にぜひ会場にて展示をご覧ください!


小樽の街の”背骨”である道内最古、日本で3番目に古い鉄道の廃線上で写真を見る・見せるという他にない独特な空間は、例年多数の出展者・来場者の共感を得ております。
開催にあたり、今年も地域住民の皆さまのご理解と多数の出展者により、小樽の街に溶け込む写真展、一人ひとりが主役の写真展としての本展のスタンスをさらに進化させたいと、一同準備を進めております。
下記の要綱、並びにこのWebサイトをよくお読みいただき、記載のメールアドレス宛ご連絡ください。本展の趣旨に共感される方のご出展をお待ちしております!
なお、現地での最終会議を行う8月21日(日)締切とさせていただきます。

名称…2016 小樽・鉄路・写真展 (おたる・てつろ・しゃしんてん)
主催…小樽・鉄路・写真展実行委員会
場所…小樽市色内2丁目10番・11番横 旧手宮線跡地(マリンホール裏手)
期間…2016年8月29日(月)より9月11日(日) 15日間(8月27日(土)・28日(日)は搬入日)
時間…24時間 夜間照明あり(最終日9月11日は午後5時まで)
入場料…無料
出展予定者…約40名 一般30人・学生10人(藤女子大 北海道科学大学 小樽商科大学 その他) 小樽・札幌を中心に、道内各地から参加(後日人数変更あり)
協賛…(有)石崎電気商会
出展者要綱…
作品内容、展示形態は出展者の創造力に任せ、自由であることを基本としていますが、自分の写真に対し、一生懸命なことを条件とします。また小樽での写真展ですので、小樽にこだわった写真を歓迎しています。技術的なレベルは問いません。初心者からプロカメラマンまで、毎年多彩な出展者が集まります。
参加要件…
写真展の趣旨を理解し積極的に参加する方。日程や時間を守り(原則として出展者自身で作品を搬入、搬出をお願いしています。)公募展の意義を理解できる方でしたら、年齢、職業、経験などの制限はありません。
出展費用…一般5,000円・学生2,500円

ご連絡先…info(atmark)studio-rise.jp (実行委員会 岩浪 睦(いわなみ・まこと))宛 *(atmark)を半角の@に変えてお送りください
折り返しお返事をお送りいたしますので、ご連絡の際にはお名前とともにご連絡先(メール)をご明記くださいますよう、お願いいたします。
メールフォームからもお送りいただけます。