2018年 閉幕前日

カテゴリー: 鉄路展レポート, 2018年の情報 | 記事掲載日: 2018/09/17(月)

今年の『鉄路展』も14日目、例年より1日会期が長いので、3連休の中日・9月16日(日)は閉幕前日でした。
曇り空の小樽からのレポートをお届けします。

好天が続いた2週目でしたが、今日は青空も少しお休み。その割には気温も少し高めで、意外に過ごしやすい一日となりました。
やはり普段の週末の賑わいには遠いとはいえ、小樽の街にも少しずつですが観光客の客足が戻っているようにも感じます。
旧手宮線は近所の子供たちの格好の遊び場でもありますが、その賑やかさが鉄路展の雰囲気にもとても合っているように感じます。
もしかしたら、子供心にもこの赤く錆びたレールがどこまでつながっているのかなと感じることもあるのかもしれません。

そんな旧手宮線の雰囲気を存分に感じながら写真をご覧いただく時間も、残り24時間を切りました。
今年の『鉄路展』は、明けて今日・9月17日(月)17時で展示を終了いたします。
最終日は出展者もたくさん会場に集まります。出展者は名札を下げておりますので、気になる作品がありましたら、ぜひ声をお掛け下さい。
閉幕の時間まで、皆さまのご来場をお待ちしております。

(ウリュウ ユウキ)

■鉄路展ではFacebookページも開設しています。ぜひ”いいね!”を押してご覧ください!
https://www.facebook.com/tetsuroten/