帰ってきた『鉄路展』、始まってます!

カテゴリー: 鉄路展レポート | 記事掲載日: 2014/09/04(木)
_1.JPG _2.JPG

二年振りの開催となりました『小樽・鉄路・写真展』。9月1日(月)に開幕を迎えることができました。
新装なった旧手宮線はかつての夏草に埋もれた雰囲気とは少し変わりましたが、そのままの状態で残されたレールや、変わらずにある沿線の倉庫など、北海道最古の鉄路の歴史を改めて今に伝えようとしています。

ここに再び写真を携えて帰ってきました。晩夏の小樽、空の下風に吹かれ、今日は雨にも打たれながら見る/見せる、ここにしかない写真展。
今日は電気当番で来た僕。夕刻から夜にかけても地元の方のみならず観光の方も興味深く作品をご覧下さっています。皆さま、ありがとうございます。
朝・昼・夜、ぜひ思い思いの時間を、この鉄路でお過ごしください。会期が進むにつれ夜には結構冷え込むようにもなってきますので、夜は少しあたたかくしておいでください。

(Report by ウリュウ ユウキ)