2014 小樽・鉄路・写真展 開催概要

posted in: 2014年の情報

昨年・2013年、会場の旧手宮線跡地の遊歩道化工事に伴い中止となりました『小樽・鉄路・写真展』ですが、この度2年振りに、従来と同じ場所にて、従来と同じく二週間の会期、夜間照明による24時間の展示を実現できる運びとなりました。

本展は今回で14回目の開催となります。
2000年の第1回開催以来、自主運営とご近隣の皆さま、土地を管理されている小樽市のご理解とご協力のもと、小樽の街の写真展、自分たちの写真展という誇りを持って開催してまいりました。
会場のマリンホール裏手エリアは新たに遊歩道化されましたが、展示方法は一部変更はあるものの、ほぼ従来通りのスタイルで展示ができることになりました。

夏の終わり、潮の香りと夏草の匂い、そしてどこかから届く秋風の混じる、小樽の街。
この街角を、そして新たに生まれ変わった北海道最古の鉄路の空間を二週間お借りして開催する野外写真展。風に吹かれ、時には雨に打たれながら、昼と夜、じっくりと写真と向かい合う時間は、ここでしか味わえないものです。
1880年(明治13年)の鉄道開業から134年。”鉄路展”はこの地の歴史を改めてつないでいきます。
2年振りに皆さまとお会いできますことを楽しみに、お待ちしています!

●2014 小樽・鉄路・写真展

・主催……小樽・鉄路・写真展 実行委員会
・会場……小樽市色内2丁目10番地 旧手宮線跡地
 (JR小樽駅より徒歩7分 小樽市民センター・マリンホール裏手 地図をご参照ください)

map

・期間……2014年9月1日(月)~9月15日(月・祝) 15日間
・時間……24時間 夜間照明あり(最終日 9月15日は17:00まで)
・入場無料

・協賛……有限会社 石崎電気商会

otaru2010-web-caution

本展は、野外で開催する写真展です。
上記のお願いをお守りいただき、どうぞごゆっくりご観覧いただけましたら幸いです。
また、芝生部分の一部は養生のため立入禁止のロープを張っております。この部分にはお入りになられませんよう、よろしくお願いいたします。